第4回JCHO地域医療総合医学会【会長挨拶】

会長挨拶

第4回JCHO地域医療総合医学会の開催にあたって

 
                                第4回JCHO地域医療総合医学会
                                  会  長  山崎 芳郎
                                 (JCHO大阪病院 院長)
 
 
 第4回JCHO地域医療総合医学会を、2018年11月16日(金)、17日(土)の両日、東京都港区高輪のTKPガーデンシティ品川とJCHO本部研修棟を会場として開催いたします。第4回医学会のメインテーマは、「今、JCHOに求められるもの~絆の継承とリノベーションへの挑戦~」といたしました。

 JCHOが2014年4月から新たな道程を歩み始めて4年間が経過しました。
 発足当時からの様々な混乱は未だ完全払拭には至っていないかも知れませんが、JCHOの理念である「地域の住民・行政・関係機関と連携して、地域医療の改革を進め安心して暮らせる地域づくりに貢献します」は院内外を通じて概ね浸透してきたことは、過去3回開催された本医学会での発表・討論内容でも窺い知れます。
 そこで、独法移行期の混乱が漸く落ち着き始めた今をターニングポイントと考え、2019年から始まる次期中期目標・計画を立案・実行する前に、これまで構築された様々な絆(JCHOと地域、患者さんと医療職、チーム医療に欠かせない医療職同士間など)の継承とリノベーションが必要と考え、プログラムの企画編成を行いました。

 即ち、第1回から引き続き「地域医療の革新と地域づくり」「人材の育成」「事務職にもとめられる病院マネジメント」「特定行為研修制度」の4題を継続テーマシンポジウムとし、さらに今年の重要課題として多くの病院が取り組んでおられる診療報酬マイナス改定、働き方改革をはじめとする労務管理、新専門医制度導入に伴う影響を新たに含んだ各項目をシンポジウム又は一般演題で多数発表して頂く予定です。

 なお、特別講演としては女優兼エッセイストの檀 ふみさんにお願いしました。
 また、会長提案企画としては「チーム医療としてのNSTの温故知新(仮題)」を大阪大学医学部教授 井上善文先生に講演して頂く予定です。

 多数の職員(会員)が一同に会し、ご発表・討論が行われることを期待しています。