会長挨拶

会長挨拶

第2回JCHO地域医療総合医学会の開催にあたって

                                第2回JCHO地域医療総合医学会
                                  会  長  細田 洋一郎
                              (JCHO埼玉メディカルセンター 院長)

 

 『第2回JCHO地域医療総合医学会』を、2016年9月16日(金)、17日(土)の両日、東京都港区高輪のTKPガーデンシティ品川とJCHO本部研修棟を会場として開催いたします。

 第2回医学会のメインテーマは「スタートしたチームJCHO~その軌跡とミッションの達成に向けて~」といたしました。

 JCHOが発足して2年間が経過し、本年4月から3年目に入りました。その中で、JCHOの使命の1つに掲げる「地域医療、地域包括ケアの要として、超高齢社会における地域住民の多様なニーズに応え、地域住民の生活を支える」ことが、この間に達成若しくは推進しているでしょうか。本医学会では、我々JCHO職員一人ひとりがこの2年間の軌跡を振り返るとともに、職場・職域を越えて活発な議論をしてまいりたいと考えております。

 また、今回の医学会は本年2月に開催しました『第1回JCHO地域医療総合医学会』のフォローアップの場と位置づけ、それぞれのテーマが「どう展開したか。より深く分析されているか。実行にどのように結び付いているか。」等を検証する場として、各プログラムの企画編成を行いました。

 まず始めに「JCHOに至った軌跡とそのミッションに向けて」と題する会長講演を行い、引き続いて第1回医学会からの継続テーマである「地域医療の革新と地域づくり」や「人材の育成」、「事務職に求められる病院マネジメント」等7題のシンポジウムを開催するとともに、第1回医学会と同様に職員の皆様から応募いただいた一般演題を多数発表していただく予定です。さらに今回は、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞されました山中伸弥先生(京都大学iPS細胞研究所所長・未来生命科学開拓部門教授)に特別講演を行っていただくこととしております。

 本医学会は、JCHOに勤務する職員の皆様が一堂に会し、互いの成果を発表し、意見を交換する貴重な機会です。

 各セッションで活発なご議論が行われることを期待し、皆様の参加を心からお待ちしております。